テレワーク推進の取組み

テレワークを試みる・実践する

テレワーク月間に賛同する企業・団体の取組みを次の3カテゴリに分類しご紹介します。
シンポジウム、表彰から、企業や自治体への試験導入、
気軽にご参加いただけるセミナーまでさまざまな取組みが随時更新されていく予定です。

昨年(2016年)開催された取組み
一昨年(2015年)開催された取組み
主催者 活動概要

総務省

ふるさとテレワーク推進事業

地方に整備したサテライトオフィス/テレワークセンターを拠点に、都市部の仕事を地方でも変わらずにできる環境を構築し、都市部の企業が人を派遣または移住させて、地域の実情や企業のニーズに応じたモデルの実証を行います。

開催期間2016年3月まで

場所北見市・斜里町、別海町、大船渡市、高畠町、会津若松市、高崎市、塩尻市・富士見町・王滝村、松本市・横須賀市、京丹後市、東吉野村、白浜町、鳴門市、糸島市、鳥栖市、竹富町

URLhttp://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_03000208.html

総務省/株式会社NTTデータ経営研究所

平成27年度 「新たなワークスタイルの実現に資するテレワークモデルの実証に関する請負」(総務省委託事業)

複数の企業に対して情報通信環境や労務管理面等での実証を行うことにより、従来テレワークが進んでいなかった中小企業を含め、さまざまな企業に有効なテレワークモデルの確立を目指します。

URLhttp://www.keieiken.co.jp/telework/index.html

国土交通省

テレワークセンター(展開拠点)のモデル実証事業

新たな働く場の創出につながるテレワークの推進のため、通信環境やセキュリティ等の環境を整えた共同利用型オフィスとしての「テレワークセンター」のモデル実証を、地方都市を中心とした5箇所程度で実施する予定です。

開催期間2015年11月を含む期間で調整中

場所調整中 ※2015年6月時点

URLhttp://www.mlit.go.jp/crd/daisei/telework/

兵庫県丹波市

丹波市と都市をシゴトで繋ぐプロジェクト「丹波市でテレワークを始めよう」

兵庫県丹波市では、女性の活躍、移住者やIT企業進出の促進を図るため、テレワークを推進しています。
都市に拠点を置くホームワーカーズコミュニティ(以下HWC)より、地元企業に対しテレワーク可能な業務を委託、地元企業はハブ役として移住希望者や在宅就労希望者に業務を再委託します。また、住居が無償提供される期間限定テレワーク移住体験も実施、そのほかさまざまな施策を通じてテレワーク推進に繋げる活動を実施します。

開催期間2015年11月

場所兵庫県丹波市 / 東京都渋谷区

URLhttp://www.city.tamba.hyogo.jp/soshiki/sumai/telework.html
https://www.hwc.jp/news/2015/10/050.shtml

長野県富士見町

Home Officeモニター実施中

首都圏から2時間ちょっとと程よく近くに位置する八ヶ岳の麓に、「新しい働き方」の環境を作るため、空き家を住居兼オフィスとして利用するHome Officeモニターを実施中です。モニターから様子等を発信中です。

開催期間2015年6月~2016年3月

場所長野県富士見町内

URLhttp://www.town.fujimi.lg.jp/homeoffice/index.html

株式会社日立製作所

ワークスタイル改革の実践

日立では、多様な人財がより効率的に成果を出せるよう、時間や場所にとらわれずに柔軟で多様な働き方が選択できる「タイム&ロケーションフリーワーク」を推進しており、この一環としてグローバルコラボレーション基盤の整備を推進しています。
今回、テレワーク月間の趣旨に賛同し、コーポレートIT部門を中心に、グローバル共同作業や在宅・サテライト勤務など多様な働き方への適用、災害時でも安定的な業務遂行に必要なコミュニケーションの確保などを、今年度のテレワーク推進活動として検討・実践していきます。

開催期間2015年11月

富士通株式会社

イノベーティブで働きやすいモバイルワークの導入

弊社では、ICTを活用して場所や時間に捉われない柔軟な働き方であるモバイルワークの導入を図っており、現在、全社活動に向けてパイロット検証を進めています。モバイルワークでは、シンクライアント端末で、仮想デスクトップやグローバルコミュニケーション基盤を活用して、セキュリティを担保したうえでこれまで以上にイノベーティブで働きやすい環境を整備したいと考えています。今回、テレワーク月間の趣旨に賛同し、テレワークの拡大と浸透に努めてまいります。
※富士通のワークスタイル変革セミナー(11/19開催)の申し込みを下記のURLにて受け付け中です。
https://seminar.jp.fujitsu.com/public/seminar/view/3869

URLhttp://www.fujitsu.com/jp/innovation/offerings/business/workstyle/

株式会社リクルートホールディングス

テレワークの実践

弊社では、多様な働き方の実現を目指し今年4月に「働き方変革プロジェクト」を発足しました。
育児・介護事由に限らず原則週に3日以上のテレワークに100名以上が取り組み、検証を進めています。
今回、テレワーク月間の趣旨に賛同し、11月を強化月間に設定。
リクルートグループ国内各社と共に、1,000名以上の規模でテレワークを実践します。

開催期間2015年11月2日~11月27日

ソニー株式会社

効率的、創造的なワークスタイルのトライアル

社員の創造性や効率性を高めることを目的としたワークスタイル改革活動の一環として、現在育児・介護支援目的に限定している在宅勤務制度を今後、対象社員を広げ、全社的に展開することを見据え、一部の部署を対象にテレワークのトライアルを実施。
一回目のトライアルを8月に実施し、第二回目を「テレワーク月間」に、対象を国内グループ会社に拡大して実施予定。

開催期間2015年11月2日~11月27日

ネットワンシステムズ株式会社

当社では「ワークスタイル変革」の一環としてテレワークが出来る環境をICTツール、オフィス環境および人事制度の3点セットで整備し、テレワークの推進に全社で取り組んでおります。また、自社で培ったノウハウをお客様と共有し、テレワークの普及啓発にも貢献しております。その結果、テレワーク推進賞では第14回に「優秀賞」を、第15回に「奨励賞」を受賞いたしました。テレワーク制度では全社員対象で上長への事前申請と報告によって無制限に利用可能となっており、昨年度の実績は2,320名中、1,506名が月平均1.97回テレワークを利用しています。

URLhttp://www.netone.co.jp/workstyle/top.html

ハイスポット

自社開発サービス Easytoworkを用いたテレワークの実践

自社で開発中のサービス、Easytoworkを用いてテレワークを実践します。Easytoworkは、テレワークにおける孤独感の低減、コミュニケーションの円滑化及び勤怠の管理を目的とするWebサービスです。作業としては、通常自社内で行っているソフトウェア開発を、自宅やコワーキングスペースで行います。参加人数は2名、期間は連続3日間を予定しています。目的は、自部署におけるテレワークの促進、ソフトウェア開発におけるテレワークの課題の抽出及び Easytoworkのユーザービリティの確認です。

開催期間2015年11月23日~

場所自宅、コワーキングスペース

Virtual Staff JP

近年、国境や時差をまたいだテレワークが実現可能になると同時に、コミュニケーション不足に起因する問題も起きやすくなっています。弊社では、テレワーカー同士のコミュニケーションを向上するために、期間中バーチャルランチを開催しコミュニケーションを図ったり、社外に向けてテレワークという働き方をブログやSNSで広めていきます。

URLhttp://virtualstaff.jp/

株式会社レオパレス21

ICT活用によるワークスタイル変革

生産性の向上やワークライフバランス実現を目的とし、「テレワーク」を可能にすることで社員が環境を選ばずに活躍できるようワークスタイル変革に取り組みます。 2016年4月の本格導入に向け、プロジェクトメンバー及び一部の育児や介護を行っている社員32名にて8月にパイロットテストを実施、セキュリティ確保のための適切な環境整備、ガイドラインの作成などを推進し、2016年1月にはトライアル導入を予定しております。

株式会社クエスト・コンピュータ

テレワーク社宅の新たな可能性について

テレワーク社宅を利用中の社員と今までの実績を振り返りながらテレワーク社宅の実践の振り返りと今後の可能性について議論します。さらにそこからテレワーク社宅の新たな仕組みを考え、そのひとつを選び実践します。

開催期間2015年11月1日

場所東京都中央区

URLhttp://www.questcom.co.jp/

日本マイクロソフト株式会社

テレワークウィーク2015

弊社では震災体験以降、働き方の多様性推進として「全社テレワークの実践」を毎年行っています。4回目となる今年はテレワーク推進国民運動に賛同し、同じ3つの活動カテゴリーで8月末に実施します。活動の結果や検証レポートは11月のテレワーク月間中にセミナーで公開します。

開催期間2015年8月24日~8月28日

場所

URLhttp://www.microsoft.com/ja-jp/events/teleworkweek2015/default.aspx

問い合わせ先

テレワーク月間実行委員会事務局

一般社団法人日本テレワーク協会内 TEL: 03-5577-4572

gekkan@japan-telework.or.jp

免責事項

テレワーク推進フォーラムでは、当ウェブサイトの運営について細心の注意を払っておりますが、内容の最新性、正確性、安全性について保証するものではありません。当ウェブサイトの利用により発生したいかなる損害についても、一切責任を負いません。当ウェブサイトは予告なしに内容の変更や、運営の中断または中止を行うことがありますので、あらかじめご了承ください。当ウェブサイトにリンクしている他のいかなるウェブサイトの内容にも一切責任を負いません。