コンテンツへ移動

『働く、が変わる』テレワークイベント

2016年テレワーク月間の締めくくりとして、表彰式(総務大臣賞・厚生労働大臣賞)、基調講演、パネルディスカッション、個別相談会等、テレワークのさらなる普及拡大に向けた総合イベントを開催します。

開催日程

開催日 2016年11月28日(月)
時間 13:30~17:00 (開場 13:00)
定員 300名
参加料 無料
主催 総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省
共催 テレワーク推進フォーラム

会場

御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター2F 大ホール
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6
電話:03-3255-6585 URL:http://solacity.jp/cc/access/index.html

講演者のご紹介

大沢真知子氏

日本女子大学 人間社会学部
教授・現代女性キャリア研究所所長 大沢真知子 氏

プロフィール

日本女子大学 人間社会学部 現代社会学科教授。同現代女性キャリア研究所所長。
南イリノイ大学経済学部博士課程修了。Ph. D(経済学)。コロンビア大学社会科学研究センター研究員、シカゴ大学ヒューレット・フェロー、ミシガン大学ディアボーン校助教授、亜細亜大学助教授を経て現職。専門は労働経済学。近著書は『働き方の未来 - 非典型労働の日米欧比較』(編著、日本労働研究機構、2003)『ワークライフバランス社会へ』(岩波書店、2006)『ワークライフシナジー』(岩波書店、2008)、『ワーキングプアの本質』(岩波書店、2010)『妻が再就職するときーセカンドチャンス社会へ』(NTT出版、2012)『女性はなぜ活躍できないのか』(東洋経済新報社、2015)内閣府「仕事と生活の調和連携推進評価部会」委員。東京都女性活躍推進会議専門委員。

松村茂氏

東北芸術工科大学 デザイン工学部 教授
テレワーク月間実行委員会委員長 松村茂 氏

プロフィール

1959年東京都生まれ、東京大学大学院博士課程修了(都市工学)、東京大学先端科学技術研究センターを経て、現職。テレワーク社会の構築に向けて、ふるさとテレワークなどの地方創生、コワーキングスペースやサテライトオフィスなどの地域拠点を研究する。主な著書に『マルチメディアが地域を変える』(電通)、『地域の価値を創る』(時事通信社)など。近著に『テレワークで働き方が変わる! テレワーク白書2016』(一般社団法人日本テレワーク協会編)がある。

曽根秀晶氏

ランサーズ株式会社 取締役 曽根秀晶 氏

プロフィール

1981年、長野県生まれ。東京大学卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、経営コンサルタントとして、小売業界・ハイテク業界を中心に海外市場戦略、新規事業戦略、マーケティング戦略などのプロジェクトに従事。2010年に楽天株式会社に入社し、楽天市場の営業・事業戦略、海外企業のM&Aや、PMI、グループ全社の企画・戦略策定を担当。2015年2月にランサーズ株式会社に参画し、社長室室長兼コーポレート部部長を務め、12月より取締役に就任。

安藤美冬氏

株式会社スプリー 代表取締役 安藤美冬 氏
/フリーランサー、コラムニスト

プロフィール

(株)集英社を経て独立。月間4000万PVを記録する人気ウェブメディア「TABI LABO」エッジランナー(連載)、「大地の芸術祭」オフィシャルサポーターなどを務めるほか、商品企画、大学講師、コメンテーター、広告&イベント出演など幅広く活動中。TBS系列「情熱大陸」、NHK Eテレ「ニッポンのジレンマ」などメディア出演多数。著書に『行動力の育て方』(SBクリエイティブ)『ビジネスパーソンのためのセブ英語留学』(東洋経済新報社)などがある。

大南信也氏

特定非営利法人グリーンバレー 理事長 大南信也 氏

プロフィール

1953年徳島県神山町生まれ。米国スタンフォード大学院修了。過疎地域が生き残るための解決策を見いだそうと、90年代初頭よりアートや環境を柱に地域と世界をつなぎ、グローバルな視点での地域活性化を展開。ワークインレジデンスによる若者や起業者の移住、ITベンチャー企業のサテライトオフィス誘致による雇用の創出などに取り組む。ふるさとづくり有識者会議委員(内閣官房)、文化審議会文化政策部会委員(文化庁)

津田賀央氏

Route Design合同会社 代表取締役 津田賀央 氏

プロフィール

2001年から広告会社、東急エージェンシーにてデジタルコミュニケーション領域に関わるプランナーとして、さまざまな国内クライアント企業のデジタルプロモーションの企画やサービスに携わる。2011年末からは、クラウド技術を用いたサービス開発やプロトタイプのデザイン、UX(ユーザー・エクスペリエンス)を設計するプランナーとしてソニーに転職。2015年5月から長野県の富士見町へ移住。役場との共同プロジェクトの企画設計や実行を機に、ソニーに席を置きながら、自身のプランニング会社Route Design合同会社を設立。UXデザインからソーシャル/コミュニティデザインまで、幅広く取り組んでいる。

並河健氏

天理市長 並河健 氏

プロフィール

2003年東大法学部卒業後、外務省入省。エジプト・カイロ大学大学院政治経済学部ディプロマ課程修了、米・ジョージタウン大学外交大学院修士課程修了。外務省では在エジプト大使館二等書記官、日本APEC準備事務局課長補佐、アフガニスタン支援室課長補佐など。広告代理店戦略プランナーを経て、2013年天理市長初当選、現職。趣味・特技は居合道(三段)、アラビア語、旅行、映画鑑賞。天理市社会福祉協議会会長、天理市社会福祉事業団理事長、奈良県広域消防組合運営協議会委員、奈良県スポーツ推進審議会委員。

吉野隆生氏

株式会社セールスフォース・ドットコム
白浜オフィス長 吉野隆生 氏

プロフィール

外資系PCメーカーのインサイドセールマネージャーを経て、
2013年に株式会社セールスフォース・ドットコムに入社。
2015年8月から和歌山県白浜町へ家族とともに移住し、
白浜オフィスと東京オフィスの二拠点のインサイドセールスチームのマネージメントに従事。

プログラム

13:30〜14:10
(40分)
主催者挨拶
総務省 テレワーク先駆者百選 総務大臣表彰 表彰式
厚生労働省 輝くテレワーク賞 厚生労働大臣表彰 表彰式
14:10~14:15
(5分)
テレワーク月間事務局挨拶一般社団法人日本テレワーク協会 会長 宇治 則孝 氏
14:15~14:45
(30分)
基調講演「女性活躍推進と働き方革命」日本女子大学 人間社会学部 教授・現代女性キャリア研究所所長
大沢 真知子 氏
14:45~15:05
(20分)
テレワーク月間報告 -テレワーク月間が目指すもの-東北芸術工科大学 デザイン工学部 教授 / テレワーク月間実行委員会委員長
松村 茂 氏
15:05~15:15
(10分)
休憩
15:15~16:25
(70分)

パネルディスカッション「テレワークは地方創生の鍵となるか」コーディネーター : 
 ランサーズ株式会社 取締役 曽根 秀晶 氏

パネリスト : (氏名五十音順)
 株式会社スプリー  代表取締役 安藤 美冬 氏
 特定非営利法人グリーンバレー  理事長 大南 信也 氏
 Route Design合同会社 代表取締役 津田 賀央 氏
 天理市  市長 並河 健 氏 
 株式会社セールスフォース・ドットコム 白浜オフィス長 吉野 隆生 氏

16:25~17:00
(35分)
テレワーク個別相談会(予約制)事前予約にて相談を承ります。相談内容を添えてお申込み下さい。
17:00 閉会

お申し込み方法

ウェブサイトから

以下の「お申し込み」ボタンをクリックして、お申し込みください。

お申し込み

メールから

以下のメールアドレスまでご連絡ください。

gekkanevent@japan-telework.or.jp

FAXから

「お申し込み書」をダウンロードし、ご記入のうえ、下記までFAXください。

お申込書(PDF 631KB)

03-5577-4582

申込締切:2016年11月25日(金)