【テレワーク事例】総務省「台風に備えてテレワークを活用」


テレワークを活用して「働く」を変えている団体・企業のテレワーク事例をご紹介します

~総務省でのテレワーク事例のご紹介~

○10月22日(日)から23日(月)にかけて、台風21号が日本列島に
 
最接近する見込みと報道されました。

○このため、総務省では、23日(月)朝の公共交通機関の大幅な乱れの
 発生を予想し、継続的な業務実施の観点から、20日(金)昼に、省内
 ポータルサイト等を活用して、全職員に対しテレワークを呼びかけました。
 →省内ポータルサイトの実際の画面

○この結果、23日(月)当日は、総務省全体で217人が自宅やサテライト
 オフィスにおいてテレワークを実施し、公共交通機関の乱れによる業務
 への影響を最小限に止めることができました。

○事後、職員からは、職員本人が台風時の通勤混乱による心身疲弊を避ける
 ことができた、子供が台風で休園・休校になった場合でも、子供のケアが
 
可能となった、などという声が聞かれ、BCPの観点とともに、
 
職員の心身健康の維持、家庭との両立にも役立ったことが分かりました。