キヤノンITソリューションズ株式会社

2015年からのトライアルを経て、いよいよテレワークの本格運用を開始しました。
自社製品であるテレワーク支援ソリューション「テレワークサポーター」を活用し、育児・介護との両立を支援しながらも、安全・安心で生産性の高いテレワークを実現。働き方改革に向けた取り組みのひとつとして、テレワークを推進しています。