株式会社リクルートジョブズ

リクルートジョブズでは多様な働き方を目指して、働き方変革に取組んでいます。2016年度は、従業員が自らの理想の働き方を考え、現状を見つめ、よりリアルな課題を解決していくことを目的に、全社で組織ごとに「働き方ミーティング」を実施しました。このミーティングを通じて挙がってきた声を受けて、新たな働き方への挑戦や時間当たりの生産性向上施策等、組織ごとに注力するテーマを決めて推進しました。
例えば、「ムダな会議を削減することで、よりクライアントに向き合う時間を創出することができた」という声が挙がってくるなど、取り組みの成果が現れ始めています。また、各組織では解決できないテーマについては検討ボードに接続を行い、全社として変革に向けた取り組みを行っています。
場所に捉われない働き方の手段として、2016年度よりフィジビリティスタディを実施している「リモートワーク」についても、今期は全社にて本格導入を行いました。今後も、より多様な働き方の実現を目指し、新たなチャレンジをし続けていきます