日本IBM

日本IBMでは1999年からe-ワーク制度(テレワーク)を導入し、サテライト・オフィスの設置やオフィスのフリー・アドレス化、モバイル端末の配布なども行って、柔軟で効率的な働き方を推進しています。またその基盤整備として、ペーパーレスの徹底、業務のオンライン化、Web会議の活用と利用促進を継続して行っています。最近では、AIによるヘルプデスクなども活用して、さらなる業務の効率化を図っています。