富士通エフ・アイ・ピー株式会社

当社は、デジタル化の進展に対応しお客様に高い付加価値を提供し続けるため、価値創出の源泉である社員一人ひとりを大切にするとともに、全ての社員が能力を最大限に発揮できる環境づくりと多様な価値を認め合う企業風土醸成を目指して、ワークスタイル変革活動に取り組んでいます。

2017年3月には経営トップのリードのもと活動をより強力に推進するため、「ワークスタイル変革宣言」を発表いたしました。(参考:プレスリリース http://www.fujitsu.com/jp/group/fip/resources/news/press-releases/2017/0419.html)

テレワークについては、2016年8月からトライアルを実施し、その効果や業務への影響を検証してきました。8ヵ月間で約300人のトライアルを踏まえ、2017年4月21日から全社員約3,000人を対象にした「テレワーク勤務制度」を導入しています。

今般、テレワーク・デイの取り組みに賛同し、下記の通り一斉テレワークを実施いたします。

(テレワーク・デイ活動概要)
 活動内容: 一斉テレワーク実施(始業~10時30分、終日も可)
 実施予定人数: 100名(役員、幹部社員、一般社員)

8月以降も社内でテレワークチャレンジ週間を設け、テレワークを通じたメリハリのある働き方の実践に取り組みます。
今後も社員のワーク・ライフ・バランスの向上と新たなイノベーションを創出しやすい環境づくりを進めてまいります。