株式会社日本取引所グループ

2017年4月に全社員(約1100名)を対象とした在宅勤務制度を導入しました。週2日を上限として、事由を問わず在宅勤務を実施することができます。フレックスタイム制と在宅勤務制度を併用し、働く時間や場所の制約を減らすことで、多様な人材の活躍を促進します。